=教科書もネット右翼化=

 教科書にもネット右翼の影響が押し寄せている。コラムを書いた本人や、その友達知人、それを取り巻く多くの人たち、出版会社やその会社を包み込む本土の地で生活する人々の内心がそのように偏っている証拠になろう。何せ、安部自民党政府を推す人々は多い。そのように思っている大和人が多いのは察しがつく。それを私は日本政府と大和人の共謀、わざとデマを流すネット右翼の常道だと解する。

 ネット右翼は、沖縄対本土の構図で押しつけがましく『沖縄は被害者意識が強い』と言い放つ。基地が多いと言ったら、実は北海道の方が基地面積は多いと言い返す。沖縄には米軍基地がいっぱいあるといったら、本土には自衛隊基地がいっぱいあると言い、普天間基地は危険と言ったら、人口密度からすると神奈川県の厚木や東京の横田基地の方がもっと危険だ。東京は沖縄の10倍も危険だ、と言う。基地負担の軽減を言えば、他の県も同様に負担の度合いが同じになれば文句はないだろうと言う。

 なぜ、こうもよく沖縄を虚仮にするものだ。沖縄に基地を押しつけることに躍起になっているとしか見えない。「オール沖縄」はうそ、ホントはオール沖縄ではないという。基地を希望する人たちも大勢いると言い、普天間もそのまま残して欲しい地主さんや基地従業員もいると言う。地元辺野古は賛成しているのが沖縄の真実だ。ここまで行くと見解の相違だし、価値観の違いでしかないと高を括るしかない。

 一番よく言うのが、それでは中国に攻められたらどうするつもりだ。沖縄を中国は狙っているんだよ。沖縄を中国の第2のウィグル・チベット化にしていいのかと宣う。

ここまで来ると沖縄は日本であって日本ではないみたいな事をしっかり言っているようなものだ。沖縄がウィグルになれば、奄美チベットになるのか。鹿児島はどうなのと言いたい。沖縄に中国が軍事行動を起こしたら、それこそ日本国政府自衛権発動であろう。それとも何かい、沖縄はもともと日本ではなかったから、いざというときは捨て石作戦か。沖縄は日本で、沖縄人は日本人であれば即、日本対中国の開戦だろう。本土もただでは済まされない。それでも本土の人たちは居間でお茶を飲みながら、テレビ観戦とでも決め込むのかい。日米安保があるだろう。その時こそ日本全国の在日米軍の出番だろう。

沖縄が海兵隊出て行けと言ったら、本土は海兵隊来てくれと言ってくれよ。沖縄は沖縄戦当時から米軍4軍に占領され続けてきたのだから、これからは本土で引き受けてくれ。少なくとも海兵隊は。出来なければ、「できません」とアメリカに言えばいい。これが日本人の大義ではないか。日本人はなぜアメリカと戦い、沖縄戦を戦ったのだ。アジアの解放の為だろう。そろそろ沖縄も解放させてほしい。もともと沖縄は日本の地なのだから。平和憲法のもと、平和的手段で、しかも、昔の日本人のように毅然と。

ところで、先島の自衛隊は国を守るために来ている。くれぐれも自分たちを守るために来ていると勘違いしないように。自衛隊が来たら安心と思い違いしないように。沖縄戦時の戦艦大和、神風特攻隊は国体護持のため、本土に攻め入ったら、もっと酷い目に遭うぞと誇示するための出撃であって、沖縄県民を救うことではない。沖縄は国体護持のための玉砕の島と崇められ、お国のために立派に死んだ、『沖縄県民、斯く戦へり』と今に至っても、大和人の賞賛が欲しいのであろうか。軍隊の居る島は戦場になる。これは沖縄戦で学んだ哲学である。軍隊は住民を守らない。これも肝に銘じる。そして、「命どぅ、宝」。琉球王国が滅亡した際の金言、くがにくとぅばと言われている。

 

f:id:agesandodes:20180113112658p:plain

「いくさ世もしまち みろく世もやがて 嘆くなよ臣下 命どぅ宝」